クレジットカードの債務整理を弁護士に法律相談できる

借金の問題として弁護士などに相談したい内容の中に、クレジットカードのショッピング枠の使い過ぎによる債務についてのものがあります。クレジットカードはショッピングの際に使用することが多く、それに加えてクレジット機能が付いているカードになります。ショッピング枠としてクレジットカードを使っているときに、リボ払いなどの支払い方法が選択できますが、これらの債務について返済金額を減額したり、返済期間を長く見直してもらったり、金利を軽減させるなどの交渉ができるのか、気になっている人が多いかもしれません。結論としては弁護士などの法律家に相談することによって、クレジットカードのショッピング枠に関しても任意整理の依頼を行えます。

弁護士が代理人となってクレジットカード会社と直接的に交渉をすることで、金利の引き下げや返済期間の延長などに応じてもらえる可能性があります。キャッシング枠の場合には、支払い過ぎている金利分があるときには過払い金返還請求を行うことが可能です。ただし、ショッピング枠としては過払い金返還請求は行えません。また、ショッピング枠だけを残してクレジットカードのキャッシング部分だけを、法律家に依頼して債務整理を行うことはできません。

キャッシングとショッピングの両方でクレジットカードを利用している人の場合には、法律家に相談をして、キャッシング部分の債務整理の手続きを開始したときには、ショッピング枠も同じに対象になることを把握しておくようにすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です