弁護士の法律相談を受ける前に用意しておくべきもの

貸金業者から借金をして、支払いの期日が到来しても返済ができなくなってしまい、滞納する状態に陥ってしまったときには、弁護士などの法律家に相談することが大切です。借金は時間が経過するごとに金利の支払いが増えてしまうことが考えられますので、早めに法律相談を受けておくことが最大の対策と言えます。債務整理の相談を法律家にするときには、できる限りすばやく対応してもらえるように事前に準備をしておくと良いでしょう。法律相談前に準備しておくべき情報は、債務者の基本的な個人情報である氏名や住所、年齢などをまとめておくこと、収入の情報である勤め先や職業、月収、またそれらを証明するための給与明細書などがあると手続きをスムーズに進めることができます。

自己破産などを検討しているときには、財産の状況も大切になってきますので、普通預金などの通帳、住宅、自動車の情報もまとめておきましょう。借り入れ先の名称や借り入れ金額、連絡先、毎月の返済金額、取引開始の年月日などの情報も必要になります。細かな情報があればそれだけ、債務者にとって適切な債務整理の方法はどれかを判断しやすくなります。自己破産をすると全ての財産を失うことになりますので、弁護士が様々な情報を得ることで任意整理や個人再生で解決できるかどうかの判断もしてもらえます。

ただし、全ての情報が無ければいけないというわけではありませんので、用意できない場合であっても素早く専門家に相談をして対応してもらうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です