債務整理は個人でするよりも法律家に相談するのが良い

借金で苦しんでいるときには、債務整理の方法を行うことによって解決できる可能性があります。債務整理とは借金を解決するための法律的な手続きですが、原則としては債務者個人で行うことも可能です。しかし、現実に法律的な手続きを行おうと考えると、専門的な知識が必要になってきますので、債務者個人ですることが難しく、弁護士や司法書士の力を借りなければなりません。借金を背負ったときに辛い理由としては、借り入れ先である貸金業者からの取立があるためです。

債務整理を個人で行ったときには、手続きを進めている間も貸金業者の取立は続きます。弁護士などに法律相談をすれば、依頼を受けたことを知らせる受任通知を貸金業者に発送してもらえますので、その効果によって債務者への取立を止めることが可能になります。債務者個人で手続きをしようと考えたときとの大きな違いは、受任通知にあると言えます。また、自己破産や個人再生においては、裁判所に申し立てをするために書類の提出が必要になります。

書類を正確に作成して提出しなければ、自己破産などの免責許可が受けられない可能性があるために、個人の力で行うことは厳しい場合が考えられます。書類の不備によって免責許可が下りないことを避けるためにも、法律の専門家に相談しておくことがベストと言えるでしょう。依頼先の法律家としても司法書士であれば費用面で節約できることが考えられますが、一方で書類の作成のみしか行うことができずに、裁判所へ債務者が行かなければならない場面があります。弁護士に相談しておけば、全ての手続きについて代理にして行ってもらえるメリットが得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です