必要になる費用を事前に計算してから法律相談をしよう

必要になる費用を事前に計算してから法律相談をすることによってスムースに法律的な話し合いに移行することが出来るようになります。法律相談に必要な費用は、裁判費用以外に関してはある程度決まっていると言っても過言ではありません。弁護士に対する相談費用に関しては、法律によって一定の基準が存在していますので法外な費用を相手に対して請求することはできません。例えば、手続きが必要にならない法的な問題解決ならば相談費用だけで終わらせることができます。

事務所での話し合いだけに終始させることができれば30分あたりだいたい5000円程度の費用で問題を解決することが可能になるのでそれほど身構えるほどの料金を請求されることはありません。また、法的な手続きが必要になる場合にはこの費用に加えて着手金や手続きにかかる費用として交通費などを支払わなくてはいけません。着手金に関しては法的な事務手続きに移行した段階で支払わなくてはいけないお金であるため、裁判をしていなくても相手に対して支払わなくてはいけません。この費用に関しては手続きの内容に関してかなり変わってくるので個別具体的に判断する必要があります。

例えば、相続税の手続きならば相続する費用の1%から2%程度で済むこともありますし、債務整理をするのならば一律で30万円から40万円のお金を支払わなくてはいけないこともあります。こうした法律相談に必要な費用は内容によってある程度わかるので事前に調べておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です