日常生活のトラブルは無料の法律相談が出来る

日本の弁護士協会では、日常生活に関するトラブルであるのならば無料の法律相談を受け付けていることが一般的です。これにはいくつかの事情がありますが、最も影響を与えている要因として弁護士そのものの事情と手段の多様化によって生まれた弊害が考えられています。弁護士と言うのは、一昔前まで就職するのにものすごく敷居が高く誰でも簡単になれるものではありませんでした。しかし、法科大学院の制度が出来てからは合格率が従来までの10倍以上に膨れ上がり弁護士市場の供給力が需要を上回るようになってしまったのです。

そのため、無料の法律相談という新しいサービスの形をとることによって弁護士同士の競争力を高めるようにしています。そして、もう一つ法律相談が無料化した背景には日常生活の中で情報を集めるときや人とのコミュニケーションをとる際に手段が多様化したことが挙げられます。具体的に言うならば、インターネットの登場によってトラブルに巻き込まれる人が増えたからです。インターネットによる法律的なトラブルは年々増加傾向にあり、こうしたトラブルに関して逐一法律相談にのっていると弁護士の方も時間がかかってどうしようもなくなってしまいます。

そのため、インターネットなどの身近な相談に関してはお金をとらずに包括的にその問題解決の策を教えることによって、双方のメリットになるようにしているのです。メールなどでも簡単に話を聞いてもらうことができるので利用しない手はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です