自己破産できないときは法律家に相談しよう

借金が増えたしまう原因の1つとして、ギャンブルに使ってしまうことを挙げることができます。クレジットカードの使い込みやギャンブルに使うために、消費者金融から借り入れをして債務額が増えてしまったときには、法律的な解決方法として自己破産をしたいと考える人がいるかもしれません。しかし、自己破産の場合には裁判所に申し立てをして免責を認めてもらうことで、はじめて借金の返済義務を免除してもらえることになります。不許可事由に当たるギャンブルなどによる借金は、自己破産を認めてもらえない可能性が高いために、弁護士に相談して別の方法を検討する必要があります。

債務整理に詳しい弁護士は数多くいますので、法律相談を受けることで的確な方法の提案をしてもらえます。一定の収入を得ている人であれば、任意整理や個人再生の方法を行うことがおすすめとなります。自己破産の場合には、免責が下りた場合であっても資産を失うデメリットが発生しますので、土地や住宅、自動車などを持っているときには、20万円以内の資産以外は残すことができません。そのために資産があるときにも、自己破産以外の債務整理の方法を弁護士に相談する必要があります。

任意整理や個人再生であれば、抱えている借金を全て帳消しにすることはできませんが、借金額を減額して返済していくプランを立てることになります。任意整理では消費者金融に対して交渉をする必要がありますので、法律家に相談して依頼することになります。個人再生においては裁判所での手続きとなり、借金額を5分の1から10分の1に減額できる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です