ヤミ金融の問題は弁護士などの法律家に相談しよう

消費者金融から融資を受けて、生活費の穴埋めなどに活用している人は多いと思います。一般的に認知されている消費者金融であれば、支払いすぎている金額があるときには任意整理の依頼を、弁護士などの法律家に相談することで対応してもらったり、交渉によって借金額を減額できる場合も考えられます。しかし、消費者金融以外の業者としてお金に困っている人に貸付を行っている、ヤミ金融の問題もあります。ヤミ金融の場合には、法律的な知識のない人に対して高い利息で融資を行っていることがあり、多額の利息の支払いを請求されるケースも報告されています。

融資の事業を行うときには貸金業法や利息制限法に従って行わなければならず、法によって付けられる金利は定められています。法による制限を超えた利率で融資を行っているときには、ヤミ金融である可能性が高いために、問題に巻き込まれてしまったときには弁護士に相談することをおすすめします。お金の借り入れをするときには、自分自身において法律の知識を身に付けておくことも大切です。高い金利の支払いを請求されたときには、債務整理について取り扱っている弁護士を選んで相談を受けるようにしましょう。

弁護士は先生ごとに得意な分野を持っていますので、債務整理の手続きを行っている法律家であれば、ヤミ金融との交渉ができる先生である可能性が高くなります。法律で認められている利率を超える金利の支払いをしているときには、弁護士に相談することで取り戻せる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です