財産を差し押さえられたときは法律家に相談しよう

国や市町村への税金を支払っていないとき、家賃を滞納しているとき、借り入れをしている消費者金融やローンの支払いをしないときには差し押さえを受けることがあります。差し押さえとは、法律に従って権利や財産を確保する方法のことで、催促状、差し押さえ予告通知書、仮差し押さえの順番で行われることになります。差し押さえの対象となるものとしては、給料や銀行口座、住宅やマンションなどの不動産などが挙げられます。差し押さえは順序立てて行われるものですので、放置することなく早めに対策を立てることが大切です。

差し押さえを回避するために大切なことは、裁判所が命令を出すよりも前に弁護士などの法律家に相談することです。税金やローンの支払いに関して、督促状が届けられたときにはすぐに支払いを行う必要があります。完納できるときにはすぐに支払うことが大切で、支払うことが無理なときには弁護士の法律相談を受けて債務整理について検討しなければなりません。債務整理の方法としては自己破産がありますが、差し押さえが実行される前であれば任意整理や個人再生によって解決できる場合もあります。

自己破産をすると持っている資産の大半を手放す必要性が出てきますが、任意整理や個人再生であれば財産を維持させながら解決方法を見出すことが可能になります。5年以上にわたって消費者金融から借り入れをしているときには、任意整理によって借金額の再計算をすることで、払いすぎている金額が見つかることが考えられますし、個人再生をすれば大幅に借金額の実現ができる可能性もあります。自分だけで判断することなく、法律の専門家に相談して適切な方法を選択することが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です