債務整理後もクレジットカードを使えるケース

債務整理をすると、基本的にはブラックリストに載りますから、新たにクレジットカードを作ることはできないと考えておいた方が良いです。新たにクレジットカードを作ることはできませんが、すでに作ったクレジットカードを使い続けることはできるのでしょうか。この点については回答が難しく、ケースバイケースです。原則としてはカード会社は債務整理した人に利用して欲しくないと考えますから、利用停止になるリスクはあります。

ただ、現実的には使って行くこともできます。カード会社が債務整理の事実を知らなければ、利用を停止はしないでしょう。では、どうやってカード会社が知るのでしょうか。まず、債務整理をしたときに支払残高があれば、それも整理の対象となることがあります。

この場合にはもちろんカード会社は知ることになり、利用停止になります。しかし、残高のないクレジットカードの場合、整理したことを知るすべはありませんから、しばらく使い続けられるでしょう。ブラックリストに載るから使えなくなるのではと考える人もいると思いますが、ブラックリストをカード会社が見ないのなら、載っても問題はありません。とくに何も変更がない場合には、わざわざブラックリストを見ることはないでしょう。

増枠の申請などを行った場合、再審査が行われて、その過程でブラックリストが参照されることもあります。この場合には利用停止になる可能性はあります。ですから、何もしないのが一番良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です