債務整理の種類と効果的な選択方法

最近は多重債務に苦しむ人が大勢いらっしゃいます。人間長い人生の中で不可抗力的にトラブルに巻き込まれ、金銭的に損害をこうむる事も多くあります。最近は企業の倒産やリストラの影響で突然収入をなくしてしまう方も増えています。そのような中で一時的に金銭が必要となり、クレジットカードのキャッシングや消費者金融から金銭を借り入れ、返済の為に更に金銭を借り入れるという多重債務の方が年々増加しています。

最終的に返済に困り、弁護士や司法書士に相談して自己破産という選択肢を選ぶ方も大勢いらっしゃいます。最近ではテレビ等で多くの事務所が債務整理の広告を展開しています。債務整理にはその状況に応じて、複数の選択肢がありますので専門家に相談して最適な方法を選びましょう。継続的な収入が見込めない人は自己破産という選択肢があります。

これは全ての負債が免除されますが、一部の簡易的な資産を覗いてほぼ全てが没収されます。免責不許可事由も有りますので、浪費やギャンブルが借金の原因となっている方はこれが適用されません。次に民事再生という方法があります。これは免責不許可事由のある方でも選択可能です。

住宅やマンションを手放したくない方もこれを利用します。負債が大幅に減額されますが、今後も継続した収入が見込まれる方が対象となります。上記2つの方法は代表的な方法ですがいずれを選択しても、破産後、数年間はローンを組めない等のデメリットもありますので、債務整理を行う際は慎重に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です