債務整理は急いだ方がいい場合があります

借金を昔からしている人の中には、法的な借金の整理である債務整理を急いだ方がいい場合があります。その理由としては過払い金の問題で、利息制限法と出資法との関係で利息が低い方の適用をするべきなのが、高い方で利息を取っていた場合は違法であると最高裁の判決が出ています。したがって、高い方の利息を支払ってきて、今はさすがに安い利息に訂正されていますが、それでも過去の高い方の金利で支払ったものは本来支払う必要がなかったという理由で、返金を求めることが可能な場合があるわけです。問題なのは、この過払い金請求の時効が10年と決まっており、その時効がこの数年先までと迫ってきているということです。

債務整理を考えている場合には早めに弁護士または司法書士へと依頼し、借金の法的整理に持って行った方が、借金の返済に追われる生活から脱することができることにもなります。この利息制限法と出資法の関係は素人でも計算ができない訳ではありませんが、むしろ債務整理を考えている場合には、弁護士や司法書士のような専門家に依頼することで、余分に払っていたものを弁護士費用などに充てられることから、考慮してもいいという流れになります。なお、あまりにもこの出資法と利息制限法の関係による返金額が多い場合には、民事再生の毎月の支払額に充てるなどして生活再建も楽にできるようにつなげていくことが可能と見られることから、弁護士や司法書士に相談してみるのもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です