債務整理で一本化というのが

債務整理で一本化というのがあり、これは要するに複数のところから借りている場合、それを一つに纏めるのです。つまりは、借入先を複数ではなく、一つにすることによって、負担を軽くするわけです。どうしても金利が高いところもありますし、支払日が複数になっているのも色々と面倒です。ですから、一本化することによって、かなり負担が減るというのはよくあります。

一本化は特にデメリットがない債務整理であり、かなりお勧めできるのです。何故かといいますと減額をしてもらうわけではありませんし、金利も支払うのです。さらに言うのであれば、裁判所を通すわけではありませんから、あくまで個人的な交渉ごとになります。だからこそ、やる価値があり、そしてそのためには弁護士に相談する必要があるのです。

そうしないとなかなか実行することは難しいのは確かです。まず、一本化してくれる業者がいないと駄目ですから、そことの交渉になりますから、これがかなり困難ではあります。業者に融資枠内であろうともかなりリスクが高いことは確かですから、どうしても交渉人として説得力がある弁護士がいたほうがよいのです。債務整理というのは、色々とありますが、自己破産や特定調停以外は裁判所を通す必要がなく、要するに個人的な交渉ですから、意外と計画次第では上手くいくのです。

計画次第、というのは返済計画であり、相手がそれを認めてくれれば良いのです。それで債務整理は成功するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です